本校通信制の仕組み

写真:11枚 更新:2020/06/01 作成:2020/06/01 システム管理者
敬愛大学八日市場高校通信制課程の仕組みを簡単に解説します。
画像をクリックすると詳しい解説が表示されます。
「通信制」は「自学自習」が原則です。その学習形態は「レポート(添削指導)」と「スクーリング(面接指導)」から成り立っています。 レポートは自宅で行いますが、分からないときはWebの専用サイトやメールで問い合わせたり、時として先生に聞くために直接来校する生徒もいます。 スクーリングは年間14回(前期7回、後期7回)実施します。土曜日と日曜日に全く同じ内容で実施しているので、都合の良い曜日を選んで出席し、先生からの直接指導を受けます。 レポートですべて合格点を取り、スクーリングにすべて出席するこにより、定期考査を受験することができます。 そして、定期考査に合格すると、単位取得につながります。 高校卒業の資格を取得するためには、74単位以上取得しなければなりません。
例えば、1年次に学ぶ「国語総合」を例にとると、前期にレポート提出が6回、スクーリングが2時間あります。 このレポート全てに合格し、スクーリング2時間に出席することにより前期定期考査受験資格を得ることなります。 次に、後期も同様にレポート提出が6回、スクーリングが2時間ありますので、レポート全てに合格し、スクーリング2時間に出席することにより後期定期考査受験資格を得ることになります。 そして、受験した前期及び後期定期考査で合格点を取ることにより、「国語総合」4単位の単位修得が認められることになります。
卒業資格を得るための条件は3つあります。 一つ目は「高校に3年以上在籍する」ということ。 二つ目は「各科目の修得単位数の合計が74単位以上となる」ということ。 三つ目は「ホームルームや行事等の特別活動に30時間以上出席する」ということ。 この3つの条件をすべて満たすことにより「高校卒業」の資格を得ることができます。 難しそうに見えるかもしれませんが、本校通信制では、98%の生徒がきちんと卒業し、その中の99%の生徒は3年間で卒業しています。
生徒の皆さんそれぞれの事情に合わせて学べるように3つのコースがあります。 コースの詳細については、「特色及び教育内容」のページを御覧ください。
芸能活動が忙しいAさんは年2回の「集中コース」で学んでいます。 大学で興味のある学びを深めたいと考えているBさんは「週2コース」を選択し、平日は自宅や学校で受験勉強に打ち込んでいます。 中学校までの学習に不安があったCさんは「週2プラスサポートコース」を選択し、水曜日、木曜日、金曜日にサポート授業を受けています。
全日制とは違って通信制というのは馴染みがないので、分からないことや、不安なことも多いかもしれませんね。 まずは、左のメニューから「Q&A」のページをクリックしてみてください。 それでも、分からないことなどありましたら、「お問い合わせ窓口」から問い合わせてください。 もちろん、直接学校に来て色々と質問をぶつけていただいても結構ですよ。その時は、事前に連絡して時間を調整してくださいね。
通信制にも楽しい行事が色々とあります。 特に、修学旅行は希望すれば毎年参加可能ですし、遠足は家族の参加も可能です。 それ以外にもスポーツ大会やボランティア活動などもあり、同級生との交流も深まりますよ。
自学自習の通信制はどちらかというと「先生とのつながりが薄い」というイメージがあるかもしれませんが、本校は全然違います。特に地元の生徒が多いということもあるのかもしれませんが、スクーリング以外でも学校に顔を出す生徒も多く、先生方も熱心に面倒を見ています。 また、本校は県内で唯一の全日制、通信制併置校ですから、全日制から通信制へ、通信制から全日制へと転籍することができます。
私たち通信制教職員は常に「満足度100%」を目指して取り組んでいます。 私たちと一緒に学びを深めてみませんか?
本校通信制で「輝く未来に向かって羽ばたきましょう!」。 本校通信制に興味・関心が沸いてきたら、いつでも結構ですのでお問い合わせください。 個別相談は1年を通して実施しています。 まずはお電話を!

(クリックでPDFファイルが開きます。)

Q&A

通信制の仕組み