大学に進学したAさん

私が通信制で良かったと思う点は2つあります。

1つ目は、自由な時間を多く持てた点です。授業の無い平日は、アルバイトをすることで、お客様の立場に立って接客することや、職場の上下関係について学ぶことができました。この小売業の経験でマーケティングに興味を持ち、大学も情報学部に決めました。

2つ目は、先生方の丁寧な指導です。進路について悩んでいましたが、2年次から先生方と大学を探し、相談しながら決定することができました。3年次では、試験と面接の対策を教えていただき、面接当日も安心して臨めました。

この3年間で、将来について具体的に考えるようになったので、学んだことを活かして前に進んでいきたいです。

2年次に通信制に入ったBさん

私が高校生活で頑張ったこと・・・

毎週提出するレポート、とても大変でした。
でも、何よりも一番苦労したのは、人への気遣いでした。
私は、高校2年生から学校に行けなくなり、人を信じることが困難になってしまい、充実した日々を送ることができませんでした。
そんな私が通信制に移り一歩踏み出すことによって、自分自身も成長し、暗かった生活も一転し、毎週末登校するのが楽しみになりました。

お陰様で希望した大学への進学も決まりました。
夢の実現に向けて、これからも勉強、頑張ります!

努力は報われる!と実感しているCさん

不合格続きの私ですが、最後の最後に希望する大学そして学部に合格することができました。努力は報われると実感しています。
在学中は、週末のスクーリングだけでなく、平日も登校して、筆記の勉強や面接練習など先生方から様々なサポートをいただきました。特に面接が苦手だった私が、なんとかこなせるようになったことには、凄く感謝しています。
将来、医療通訳になりたいと思っていて、外語大学を目指していたので、合格できて本当によかったです。これからは、通訳資格取得のための勉強と併せて、もう一言語学びたいと思います。
予備校のお世話にはなりませんでした。通信制だったので、毎日、半日以上は受験勉強に専念することができました
合格の秘訣は、目指す大学よりもうちょっと難しい大学の赤本を勉強したり、TOEICや英検に果敢にチャレンジしたことかなと思います。